Hagiko’s diary

外資系金融20年超のバリキャリ女性が、働きすぎて身体を壊した痛い経験から、自分で実験した健康管理術を綴ります。

イギリス菓子

イギリス菓子教室:7月は桃とココナッツのババロアとフィグジャムのスイスロール

猛暑の中、夏の最後の教室メニューです。 桃とココナッツのババロアは、ココナッツクリームとアーモンドミルクにバニラペーストを加えたババロアのうえに、コンポートした桃のピューレにゼラチンを混ぜた緩ーいゼリーを載せます。ゼラチンを溶かす、濾す、な…

イギリス菓子教室:6月はトフィーナッツ、パーキン、ウェルシュケーキ

今夏最高の猛暑日、のお菓子ではない感じでしたが、6月もお茶会モードで楽しみました。 ジンジャーなどスパイスたっぷりのお菓子が並び、ある意味、デトックスがテーマだったのかも。 こちらがトフィーナッツ。ナッツのキャラメルですが、生クリームとバター…

イギリス菓子教室:5月は、定番キャロットケーキとバノフィーパイ、台湾パイナップルケーキ(お味見だけ)

4月は多忙でお菓子教室スキップしました。 5月の教室は、定番のキャロットケーキを作りました。 人参一本をみじん切りにして加え、ナッツやレーズンなどお好みで入れれもOK。私はピーカンナッツを細かく切って加えました。 米油を使ってるので、かなりしっと…

イギリス菓子教室:3月はレモンタルト、レモンポピーシードケーキ、ベイクウェルタルト

ケーキビッフェみたいになりました! レモンパウンドケーキ(ポピーシード入り)、上にはマスカルポーネチーズを添えてます。 ポピーシードのプチプチ食感も楽しく、レモンの皮をのせて本当にいい香りでした。 ベイクウェルタルト。よく焼いたタルトという意…

イギリス菓子教室:2月はチョコレートプディングとピーカンナッツクッキー(バレンタイン仕様)

2月14日のバレンタインデーが近かったので、今回はチョコレート系のお菓子になりました。 イギリスのプディング、というのは、卵黄と牛乳で作る「プリン」ではなく、小麦粉や肉、フルーツを沢山いれた種を深めの器に入れて蒸し焼きにする料理です。 今回作っ…

イギリス菓子教室:1月はフルーツタルトとスノーボールクッキー

年明けのお楽しみイベント、オミクロン拡大のなか貴重なリラックス時間です。 タルト生地から作ったので、以外と時間がかかりました。。。 フルーツはいちご、オレンジ、キウイ、ブルーベリー、洋ナシ、てんこ盛り。 フィリングは豆乳生クリームとアーモンド…

イギリス菓子教室:12月はシュトーレンとリンゴのケーキでクリスマス

今年最後のイギリス菓子教室。 クリスマスに向けてシュトーレンを作りました。 あとは旬のリンゴでパウンドケーキ。 テーブルコーディネートもクリスマス仕様で気分アゲアゲ。 自分で作ると砂糖の量を減らせるので助かります。だいたいレシピの7割ぐらいの砂…

イギリス菓子教室で優雅なひと時(総集編)

テニススクールで一緒だったマダムが紅茶の淹れ方とお菓子を教えていて、その関係で紅茶教室に通うことになりました。 紅茶はルピシアの葉っぱを使いました。ストレートティー、ミルクティー、季節や食事、お菓子との組み合わせを楽しむ教室全8回でした。 紅…