Hagiko’s diary

ワクワクすること、気づき、感じたことを綴ります。

マイ・ゴルフクラブを購入しました

今日はゴルフスクールのクラブ診断に行ってきました。

スクール主催のコースレッスンに2回(デビュー、ハーフ)参加したため、3回目からは自分のクラブが必要とのことでした。

いつも教えていただいている先生に見ていただきました。

まず先生が一定程度絞ったクラブメーカー5つ、各々ウッド、ユーティリティ、9番アイアンをそれぞれ3球ずつ打っていきます。

重いものから軽めのものまで色々でしたが、きれいにスイングできているのは、重いか軽いかのどちらかだったそうです。軽いものはTaylor Madeのチタン製、重めのものはXEXXIO、HONMAでした。

どれも甲乙つけがたく差が感じられなかったのですが、先生から「結構パワーがあるので重めのクラブのほうが安定してきたら距離もでそう。軽いと手で打ちに行っちゃうかもしれない。あと、クラブの特徴に自分が合わせにいってるのでクラブの差が分かりにくいのかも」とのコメントがありました。ストレングスファインダーの適応性1位がここでも出ているのかと結構驚きでした。

最終的には3つのメーカーのなかで再度試し打ち、50分間で80球は打ったと思います。一番お勧めのHONMA XP-1に決めました。プロのなかではXEXXIOが多いようで、こちらもなかなか良かったです(10g程度HONMAより軽い、どちらもスチール製でカキーンといい打球音が出ます)。パターはODESSEY(パター専門メーカー)がグローバルに使用されているそうで、まっすぐ打つのを前提としたパターに決定。ウッド、ユーティリティ、アイアン5本(7,8,9番、PW、SW)、パターの合計8本を購入しました。

先生はクラフトマンでもあり、とても詳しく見ていただいたので素人の私はとても助かりました。新品なので20万円ちょっとと高額ではありましたが、スクールにクラブを無料で保管しておける(スクール外で購入したクラブの保管料は5000円/月)ので、年間6万円の保管料を考えると、十分納得できました。

クラブケースとキャリーケース、ヘッドカバーを後日購入すべく、ネットで物色。

クラブケース、電車と徒歩で練習行くときに、横掛けではなく背中に担げたら楽だろうなあ、と思って探してたら、たった一つだけありました。これにしようかなあ。6本しか入らないけど。。。

 

 

ビックカメラ有楽町にも行ってみてこよう!

 

ゴルフって贅沢なスポーツだなあ、、でもコースに出て自然のなかで歩きながら楽しめるのはコロナ禍では貴重な時間ですね。

イクラブもゲットしたし、スイングも結構よくなってきたので、俄然やる気がでてきました。3月から週4日はスクールに通ってるし、1月末からスタートしたので4か月ほど経ってなんとかなりそうな感じがしてきました。あとはコースに出たら晴れるだけ!

テニスがいつ再開するか分からないですので、それまでに出来るだけ詰めて上達したいです。

朝散歩と夜散歩の効果(ウォーキングの効果について)

朝散歩がいいよー、ウォーキングはダイエットに最適ですよーと言われますが、具体的にどの程度やればいいのか、何にどれだけ効果的なのか、など背景を理解できてなかったので、調べてまとめてみました。

 

ウォーキング効果の前に、私たちが一日快適だったなーと感じるとき、自分の身体のなかで何が起きてるのか?を整理しました。

一日をより快適に、生産的に過ごすために働いてくれているのが、私たちの脳内にでるホルモン物質「セロトニン」。セロトニンは覚醒を促したり、気分を高揚させたり、意欲を向上させる働きを担っている。セロトニンが低下すると、うつ状態になります。

つまりセロトニンは、「精神安定、やる気向上型」脳内ホルモン、私たちの幸せ気分を向上させる役割を担っているということ。

幸せ気分を上げる脳内ホルモン物質は主に3つありますが、①セロトニンの他に②ドーパミンがあります。ドーパミンは快楽を感じると放出される「報酬行動型」脳内ホルモン物質。お酒やたばこなど、ちょっと中毒的な危険もある行動に関係しています。

ノルアドレナリンという幸せ脳内ホルモンもあって、こちらはストレスや危険を感じた際、防御、逃避する準備をする役割を担っています。ドキドキするのはノルアドレナリンの働きが活性化しているせいです。

ちなみに、興奮したとき「アドレナリンが出まくってるー」とよく聞きます。アドレナリンは脳内ホルモンではなく、心臓や筋肉に存在するそうで、ストレス、危険時にすぐ動けるよう身体に作用する物質だそうです。ノルアドレナリンはアドレナリンの材料にで、危険・ストレス→ノルアドレナリン放出→アドレナリン放出→身体が活動(ドキドキ、火事場のバカ力)という流れになります。

ドーパミンと③ノルアドレナリンが過剰に放出されると、中毒症状や超そう状態、ストレス過剰な状態が続き、身体に悪影響がでるので、いい感じに放出のバランスをとってくれるのが①セロトニンです。

要するに、①セロトニンを活性化できている状態を保てれば、日々快適な状態を感じて生活できる、ということですね。

上記は、以下のサイトを参考にしました。

www.ohara-ch.co.jp

www.rainbowgate.jp

アドレナリンとノルアドレナリン | 西千葉駅前 阿左見歯科

 

では、セロトニンの活性化を促すには、何をしたらいいのでしょうか?

セロトニンの活性化には、①太陽の光(2500ルクス以上) ②リズム運動 ③咀嚼 が効果的です。①②③のどれかを5-10分行うとセロトニンが活性化されてくるそうですが、①②を一緒にできるのが朝の散歩(ウォーキング)ということです。

朝は15分から30分(30分を超えると疲れて逆効果)、1,2,1,2とリズム感をもって歩くのが効果的だそうです。曇や雨の日、もちろん日陰でも屋外であれば5000ルクス以上あるので心配無用ですね。

朝散歩を行う時間ですが、朝10時までに行うべき、とのこと。人間の体内時計は24時間10分とちょっと長くなっており、そのまま放っておくと1週間で体内時計が1時間後ずれしてしまいます。後ずれする分だけ、寝付ける時間が遅くなっていきます。ところが、セロトニンが体内時計のずれを調整してくれて規則正しい生活を送る助けをしてくれます。また、セロトニンが活性化された15-16時間後に、良質な睡眠を促すメラトニンが放出されます。例えば、8時に朝散歩→23時~24時(朝8時+15-16時間後)にメラトニン放出→就寝(7-8時間の良質な睡眠)という感じです。

上記は以下を参考にしました。

diamond.jp

stridelab.jp

www.kaimin.com

 

なるほど、朝10時までの15分から30分までのリズムウォーキングが、一日の快適さを向上させるキーなんですね。

ちなみに、夜の散歩も十分効果があるとのことです。

夜の散歩はセロトニン活性化、というより、リラックス、脂肪燃焼、などの効果が見込めるようです。17時頃が一日で一番体温が高いので脂肪燃焼効果が期待できそう。時間は30分から1時間まで。寝る2時間前までには終了して、興奮状態を作らないように。

ちなみに、私の父は長年、17時頃から1時間半ぐらいの散歩(1万歩)を続けています。78歳ですが健康診断で目立った指摘事項なし、太らずダイエット効果抜群みたいです。ウォーキング後、プロテインを飲んで筋肉維持を心がけてます。

stridelab.jp

 

今朝、8時10分から20分弱、朝の散歩をしてみましたが、効果はどうでしょうか!?

これまで日光浴ウォーキングということで、11時から15時ぐらいまで外出&ウォーキングしてましたが、こちらは、、、少し抑え目にして、朝の15分に一部シフトしてみようかと思います。

無理せず、できるときにやっていきたいと思います。

グルテンフリーと糖質オフの違い

私はパンが大好き。パンは小麦粉と油脂で出来てて、食物繊維があまり入ってないので、炭水化物(糖質+食物繊維)のなかでも糖質と脂質が多めになる。

細菌、グルテンフリーのダイエットが話題になるが、これって糖質制限ダイエットとどう違うのか、自分の整理のために調べてみた。

グルテンとは、タンパク質の一種で、グルテンに含まれる「グリアジン」というアミノ酸に過剰反応して消化不良を起こす人がいるそうです(プロテニスプレーヤーのジョコビッチもそうでした)。

このアレルギー反応を避けるため、「グルテンフリー」の食品、例えば米、玄米、じゃがいもなど、が海外で注目され、和食にも注目が集まったとのこと。

ただし、上記のグルテンフリーの食品には糖質が高いものも多いですね(脂質は低いですが)。

参考にした記事は以下です。

hirayama-ns.jp

 

糖質オフとグルテンフリーはイコールではない、ということで認識できました。

正しい知識と実践で健康生活を推進したいと思います。

分子栄養学の実践:ランチのパンをオートミールに置き換え

ゴールデンウィークも今日で終わり。なんだか気忙しかった。

5月の2日のゴルフ、ハーフランドレッスンがまたも大雨でまともにラウンドできず、寒さもあって身体へのダメージが大きかったかも。

メガビタミン(ATPセット、ビタミンEのぞく)を開始して1週間ぐらい経過。まだ何の変化も感じられないし、気圧変化のせいか、だるい日が続いている。鉄不足、低たんぱく質状態が相当長く続いていたので、変化が感じられるのも数か月はかかるだろう。最低3か月は続けてみる予定。

朝、プロテイン+オオバコを飲むようになってから、結構お腹いっぱいになって他の食事が入らないので、オートミールを食べる機会を逸していた。

夜は父と一緒に食べるので白米(7分つき)必須。

あとはランチしかない、ということで大好きなメゾンカイザーのサツマイモのパンを封印して、5月3日からオートミールに置き換えてみている。

オートミールは、タンパク質、食物繊維、鉄などのミネラルが豊富。小麦粉と一緒の生産過程を経て2次汚染されない限り、グルテンフリー、糖質も抑え目です。

一食あたり40g程度で、約150キロカロリー、タンパク質5.5g、脂質2.3g、食物繊維3.8g、糖質23.9g。

happyoatmeal.com

happyoatmeal.com

happyoatmeal.com

 

私のオートミールランチは、オートミール30-35gに、ひたひたよりちょっと多い量の水、ここまでの全量×0.6%の塩を入れてレンジ(600w)で1分チン、一旦取り出してかき混ぜ、スライスチーズをのせて追加で20秒チン。下からよーーーくかき混ぜて固めのおかゆ状態になったら、最後にオリーブオイルを小さじ1、胡椒をふって出来上がり。

オリーブオイルのフルーティーな香りと大好きなチーズで、ちょっと固めに仕上げることで、おかゆ嫌いの私でも美味しく食べられます。

オートミールの食物繊維は水溶性食物繊維、吸水性がはんぱないです。

水は多めに入れる&飲むと、便秘になりにくいと思います。

f:id:Hagiko:20210505153927j:plain

身体にどれだけ変化がでるか楽しみです。

私が購入したのはこちら。オーガニックのグルテンフリーなオートミールです。

item.rakuten.co.jp

タンパク質不足と鉄不足(分子栄養学:健康自主管理の実践)

1年のうち4月から9月まで、体調や気分が時期が多い。春からつゆ、蒸す夏が嫌い。

貧血は定期的におきてて、ひどくなると鉄剤をもらいに医者にいく、の繰り返し。

代謝も悪い方だと思う。

2021年4月17日から、ひょんなきかっけで、ダイエットプログラムのモニターに参加することになった。勝間塾内で知り合ったサラリーマンの男性(コーチ役兼ねる)。このプログラム運営で起業される予定だとか。将来への学びと自分の健康管理もかねて、参加してみることにした。

プログラムのモニターは、3か月間で自分で決めた目標を達成することを求められる。

目標はコーチと合意のうえで決定、無理な目標設定をしないためだ。

毎日食べたもの、体重、体脂肪率など必要事項を記録して参加者グループにシェア。個別コーチングと参加者同士のグループコーチング、ワークが毎週ある。

1人でやるよりみんなでやって目標達成、ピアプレッシャーをうまく使う。

このプログラムの考え方は、分子栄養学が基本になっている。健康は自主管理できる、高たんぱく、低糖質、メガビタミンで大半の体調不良が治る、とのこと。

何冊か分子栄養学の本を読んでみた。 

 

 現代西洋医学とは真っ向から対立、一方で長期的な心身の健康維持を自分で管理しよう、という考え方は、東洋医学とは親和性が高いと思っている。

私としては、多いに共感して、自分の健康診断結果を分析してみたところ、タンパク質系の数値が20以下と低め(アルブミンが4.0、GOT18、GPT16、γGTPが13、尿素窒素17.8)、中程度の低タンパク質症の可能性が高いとの仮説を持った。

加えて、重度の貧血であることは明らかだと考えている。フェリチンは2019年7月時点で7.8、2018年3月は4.5だった。10以下は重度の鉄貯蔵量不足で、分子栄養学の藤川先生いわく100~150が目標値なので、かなりひどい状況。加えて、ヘモグロビン10.8、MCV、MCH、MCHCなども低い。

経済に例えるなら、預貯金=フェリチン 財布のお金=ヘモグロビンなどの血液指標 が全部低いので、貧乏暇なし という健康状態。代謝に必須なタンパク質も不足しているので、痩せない。省エネ体質で脂肪も落ちない悪循環。

確かに痩せない、運動もそこそこしてるし、カロリー過多でもなく油ものはNG(消化できない)。お酒飲まない。でも体脂肪率はそこそこ高い。一番気になっているのは熟睡した感じが持てないこと。スマートウォッチで睡眠計測しているが80点以上の割にはすっきりした感じがないのが気になっていた。

自分の現状の課題に気づけただけでも、プログラムに入ったかいが大いにあったと思っている。

そこで、プロテインを一日2~3回(一回のタンパク質量20g)とることからスタートしている。出社してプロテインが取れないときは、ゆで卵+チキンスティックでタンパク質20g摂取。一日100gのタンパク質摂取を目標にしている。

一方で脂肪は抑制気味。ピーナッツ、ナッツ類が大好きで、良質な脂肪酸ではあるものの、とにかく食べ過ぎてしまう傾向だった。これを止めたかったが、プロテインを取り始めたら以外とすんなり食べなくても大丈夫になった。

炭水化物は減らしすぎても良くないので、ちょっとしたお菓子をやめた。昼と夜はそのまま、食物繊維摂取もかねてオーツ麦をとっている。

プロテインは、4月17日から、ハイクリアの抹茶味を一日1回(タンパク質40g)続けているが、回数増やすと飽きるので、もう一種類導入してみた。 

4月29日、iHerbから巨大な入れ物が。。。さすがアメリカ、エコじゃない容器です。

jp.iherb.com

f:id:Hagiko:20210501104540j:plain

f:id:Hagiko:20210501104550j:plain

スプーンが底に沈んでてようやく見つけました。1敗80㏄で25gのタンパク質が取れます。ハイクリアよりもはるかに溶けやすくて扱いやすい。しかし、甘い!!

父はDymatizeのほうが好き(ハイクリアみたいに泡立たないし、底にたまらない)だそうです。容器が大きすぎる以外は何とか続けられそう。

そして、本に沿って、プロテイン1日40gとれるようになったので、ビタミンも追加スタート。まずはビタミンB、C。そしてキレート鉄。これを1日1錠×3回を3か月続けてみようと思っている。数年間、低たんぱく&鉄不足だったので、解消までにも1年以上かかるかもしれない。気長にやってみよう。

jp.iherb.com

jp.iherb.com

jp.iherb.com

f:id:Hagiko:20210501104624j:plain

 

本を自費”出版”しました(その2)

父の17年間、17万字の思いを本にして、親しい方々約70名にお送りしました。

f:id:Hagiko:20210404110314j:plain

 父が出身高校の同窓会会長を務めていた間、個人的に興味をもったこと、時世イベントへの意見、所感/雑感などを同窓会メンバーの方向けに、3か月ごとに同窓会HP上で「会長メッセージ」として発信していました。

話題は政治、経済、時事問題から教育、スポーツ、文芸、科学、歴史、宇宙など幅広くカバーしていました。①テーマは幅広く②内容はわかりやすく③好奇心を持って書く を基本姿勢に、続けていたら膨大な量になっていた、という感覚みたいです。

ちょうどイチローの引退ニュースとともに、会長メッセージも引退することになりました。書き始めた当初2-3年は時候の挨拶程度でしたが、2006年に母が亡くなったあと、四国お遍路に行って人生の洗濯をして、その後は、自分の遺言として書き綴ってきたようです。やはり結構な体力を使っており、自分の思いも達成されたからか、2019年春以降は筆をおいています。再開も一切しない、とのことです。

冊子になるまで紆余曲折がありました。当初、同窓会HPが諸事情で閉鎖されることになり、原稿が消去されてしまう可能性があったので、慌てて生データを引き取りました。元データは保存しておいたものの、書体、形式、順番もバラバラでそのままでは使えませんでした。

が、そのままにしておいても仕方ないので、自分で日記形式のウェブサイトとして残しておくことにしました。

まず体裁を整理するとともに、政治ネタ、経済問題など、話題ごとにタグ付けしてみました。読み進めてみると一回の文章でもネタが多岐にわたっており、タグ付けにも相当な時間と手間がかかりました。週末の隙間時間で対応し、3か月ぐらいは余裕でかかりました。Microsoftワードファイルにまとめてみたら、18万字を超えており、どうりで大変なわけだ、、、と納得。

出来上がったのがこちらのサイト。更新はしてませんが、記念として残してあります。

こちらも父の友人にお知らせして、何人かは見てくださったようです。

nobuhagitani.jimdofree.com

その後、父(78歳)の世代だとインターネットを使わない人もいるだろう、とのことで電子ファイル形式にまとめてメールで送ったらどうか、との話になりました。

こちらは時系列形式でまとめて、インターネットしない友人にメールで配ったそうです。それなりに反響はいただいたようです。

 

さらにその後、私が入っているオンラインサロンで、Kindle本を出版される方が多数いて、せっかくだから本にしたらどうか、と父に持ちかけました。

Kindleは、Microsoft Word電子ファイルのみ用意すればOKなので、追加コストゼロ。原稿もある。99円から自己責任(校閲、校正は出版社ではなく自分の責任でやる)で出版できます。こちらも驚きでトライしかけましたが結果的には辞めました。理由は①本人を知っている親しい人にだけ配布したい ②価格を付けるにそぐわない ③17万字と量が多すぎる との思いが強かったからです。

さらにその後、紙の本を格安で自費出版できるとの話を目にしました。本を出す=出版社から出す だけではない手段があることを知りました。こちらは、紙の本の形にしてくれる「製本」だけで、Kindle同様、校正、校閲は自己責任です。Microsoft WordだけあればOK。製本に出すファイルはPDFファイルですが、WordからPDFへの変換ツールはその会社が無料で提供してくれます。

お試しで一冊作成したときは、記念として手元に保管するだけでいい、と言ってたのが、実際に出来上がった冊子を見たら痛く感動したようで、親しい友人に配りたい!!となりました。

A4判、120ページ、厚さ2㎝、重さ380g、字も沢山。最初は200人と言ってましたが、結構なお荷物を送りつけてご迷惑ではないのか、、、と一応懸念して、配る人を厳選することにしました。結果、70人弱となりました。

一回目のお試し冊子から、人に配る前提でさらに改善しました。改善点は以下の通り。

更に校正をかけて文章の構成、間違いなどをチェックしました。すると修正箇所が10か所以上でました。お試し前に10回以上読んだはずなのに、、、やっぱり人間一人の能力には限界がありますね。

A4判にびっしりの字はさすがに疲れるので、ホッと一息つけるような写真を追加してみることにしました。写真は父がスマホデビュー後、日々の散歩途中で撮影した花の写真から選びました。

紙の冊子にした思いも残しておくと、後々の記録になるかな、ということで、前書きと後書きを追加することにしました。前書きは父が担当し17年、17万字への総括を。後書きは私が担当し冊子にするまでの経緯と父の近況をまとめました。

送り状も追加しました。いきなり大きな冊子を送ると、いくら父と親しいとはいえでもビックリされるのではないかと思ったからです。挿絵にも送付する3月に合う桜の写真を付けてみて、なかなか創造的で楽しい作業でした。

 

かかった費用と時間について(総合計11,7979円)

  • 原稿作成までにかかった費用(ゼロ)

すべてGoogle DocumentとMicrosoft Wordで作成できました。

写真も自己撮影とフリー素材(送付状に使った桜の写真)からもってきました。

 

  • 冊子の製本代 と 自宅への郵送代(10,4213円)

「製本直送」というサイトで、一番コスト安なコースで注文しました。(ページ数で印刷代と郵送代が決まります)

www.seichoku.com

全138ページ(表紙、裏表紙は最初と最後のページで代替、画像50%未満、普通便)で、10,0233円(約1273円/一冊、10%割引あり)、自宅への郵送代3,980円、合計10,4213円でした。

商品の到着は、普通便なら発注日+7日見ておけば大丈夫です。(6営業日目に発送、到着まで東京都内で1-2日かかりました)

f:id:Hagiko:20210404112232p:plain

 

f:id:Hagiko:20210404112446p:plain

 

  • 自宅から送り先への郵送代(13,266円)

郵便局の「クリックポスト」を利用、合計13266円(198円/一冊×67件)でした。

clickpost.jp

全国一律198円、厚さ3㎝以内、重さ1キロ以内、A4サイズ以内なら対応できます。

ネット決済OK、郵便ポストに投函OK。住所は手書き不可/指定の郵送ラベルを指定サイトで作成して、糊付けして発送します。ラベル作成は、クリックポストのサイトで指定枠に入力、自宅のプリンターで印刷します。カラー印刷、白黒印刷どちらでもOK。ただし、ラベルに有効期限があり、ラベル作成から1週間以内です。期限を過ぎたら最初からやり直しです。郵送しなければ決済されないので料金はかかりません。発送から1日か2日で日本全国に届きます。

定形外で重さがある書物を、普通郵便などクリックポスト以外の方法や、ヤマト便で出そうとした場合、一冊500円以上かかりますので、クリックポストはお勧めです。

ただ、クリックポストのラベル作成と決済には、予想外に手間取りました。

指定サイトで入力できるのは一件ごと、またはCSVファイルに記入してアップロード(最大40件)。ラベル作成はまとめて対応可能なのは20件まで(まとめて印刷するとA4印刷で6件印刷できます。裁断が必要ですが印刷紙の節約になります)。まとめ印刷は一時保存したものから呼び出すことができず、その場で一気に印刷まで進めないと情報が消えてしまいます。

私はCSVファイルで一気にアップロードする手段を選んだものの、CSVファイルで文字化けトラブルがでてしまい、修正に予想外に時間がかかってしまいました。

おまけにアップロード件数とまとめ印刷件数の最大数が違うので、せっかくアップロードしたのに印刷できない、とのメッセージが頻発。何度もやり直す羽目になりました。

料金決済はAmazonIDかYahooID利用が選択できますが、決済は一件づつ処理(ボタンを押す)する必要があるので時間が手間がかかりでした。また、YahooID決済が途中で使えなくなり、AmazonID決済に切り替えて最初からやり直しになることもありました。

沢山のラベル印刷が必要な際は、最低1-2時間程度時間をとって対応することをお勧めします。

そして、ラベルの有効期間が1週間である点も最初考慮してなかったので、冊子が届いたのが有効期限の2日前、袋詰めとラベル貼りを半日で終えて、郵便局の受付に間に合うよう、冊子をトランクに入れて郵便局まで運び、2往復しました。

最初は小分けにしてポスト投函することを想定してましたが、ラベル有効期限とラベル作成の二度手間を避けたかったので、一気に65冊郵送することになりました。

 

  • A4袋代(500円)

ダイソーで10枚100円×5セット購入 + 家に保管してた分(ゼロ円)=500円

 

冊子を受け取った方々の半数以上から、早速嬉しいFeedbackをいただいています。

最も多かったFeedbackとして、①前書きと後書きを読んで、冊子に込めた思いに共感。特に、親子の共同作品ができるなんて羨ましい ②記載した日付が明記されているので、自分と共通する時代背景を思い返せる。貴重なデータベースとして活用させてもらう ③話題が多岐にわたっていて、目次をみて興味がわいたところから読み進めている ④自分で出版できるなんて知らなかった!

約12万円で、70名弱の方々に思いを届けられ、沢山の嬉しいFeedbackがいただけました。受け取った方々にも同じように自分の思いを形にしたいと思っている人がいれば、何等かのヒントになったのではないかと思います。ブログやウェブだとどうしても断片的になってしまうので、沢山の情報を体系立ててまとまった形で残せる紙の本はまだまだ有難い存在なのでしょうね。

そして、何より、父本人が本当に喜んでおり、生きてる間にこんな経験ができてよかった、と毎日届くFeedbackメールや電話への返信に驚き、楽しんで、ボケる暇がないぐらい超忙しいそうです。

非常によい経験ができました。

 

ご自身の思いを、まとめて残したい方のヒントになれば幸いです。

7分つき米は白米と変わらず、ちょこっと栄養価が高まってお得です

ロウカット玄米が気になって、いつも頼んでるお米屋さんに問い合わせたら、取扱いなし、との回答。

その代わり、分つき米ならできるよ、ということで、初心者7分つき米から試してます。

分つき米とは、胚芽を残す量を調整したお米のこと。玄米→3分→5分→7分→白米 の順番です。

栄養価はどんだけ違うのかと調べたら、食物繊維、鉄分、亜鉛ビタミンB1がちょいアップでした。

https://www.amazon.co.jp/%E8%BF%91%E6%B1%9F%E3%81%AE%E3%81%8A%E7%B1%B3-29%E5%B9%B4%E7%94%A3-%E8%BF%91%E6%B1%9F%E3%81%AE%E3%81%8A%E7%B1%B3%EF%BC%88%E6%BB%8B%E8%B3%80%E7%9C%8C%E7%94%A3100-5Kg%E7%8E%84%E7%B1%B3-7%E5%88%86%E3%81%A5%E3%81%8D/dp/B01MA1YILT

 

5分つき米も栄養価的に劇的に変わるものではないですが、試してみたいと思ってます。

でも、白米と同じように炊けて栄養価は玄米同様に優れているロウカット玄米、やっぱり食べてみたい!いつかトライしたいです。